株式会社Plan C

Interview

社員インタビュー
河住 真梨菜
社長秘書、採用、広報
河住 真梨菜
MARIE KAWASUMI
2018年8月入社

小さいけれど質の良いコミュニティ。
社長秘書・河住から見たPlan C

社長秘書を務める河住さんはリフォーム会社出身。入社1年足らずで採用担当のポジションに就き、Plan Cのコミュニティ全体を見守り支える、いわば縁の下の力持ち的な存在です。
彼女からPlan Cがどう見えているのか、インタビューしてみました!

リフォーム会社から転職しPlanCへ。
求人情報に書いてあった通り、経営陣と距離が近い会社だった

入社の決め手は?

以前はリフォーム会社で働いていたのですが、リフォームという分野のみにしか携われないもどかしさを感じていたんです。もっと幅広く不動産のことに携わりたい!という思いから、転職活動をスタート。
PlanCは最後に面接を受けた会社だったんです。一次面接をした直後に社長面接の時間が設けられていて、すぐに経営者の考えを知ることができたのは良かったですね。小さな会社だけど、この規模感だからこそ経営陣と近い距離で仕事ができると感じ、求人票に書いてあった通りだなと思いました。

入社してみての感想は?

入社まもない頃から大切な仕事を任せてもらえたり、自分から積極的に動いて新しい方法に挑戦してみたり、会社を一緒に作り上げていく面白さを感じました。入社して1年で採用も担当させてもらえるようになり、自分のスキルに合わせて活躍できるフィールドを用意してもらえています。ああ、懐の大きな会社なんだなあと思って。
今は人も増えて、キャリアも個性もバラバラな人たちがそれぞれのアイデアを出し合いながら仕事をしています。チームで仕事をしている感じが強まってきました。

河住 真梨菜

スキルよりもマインド重視。
未経験でも1から学び成長していける環境

Plan Cという会社を
河住さんの言葉で紹介してください。

ヒューマンスキルが身につく会社ですね。不動産投資家の方と一緒の席でミーティングをする機会もあり、このコミュニティにいるだけで勉強になることがたくさんあります。成功体験を持つ優秀な人たちから、今まで考えたこともなかった新しい思考回路を学んだり。
入社前に比べると、視野がぐっと広くなったように思います。掲げている理念の通り、人の人生を好転させるコミュニティだということを実感しました。

Plan Cに向いているのはどんな人?

レールが敷かれているわけではなく、自分なりにやり方を考えたりタスクの割り振りを決めたりするので、自分で考えて新しいことにチャレンジしていきたい人には向いていると思います。ただし、失敗したり分からないことがあった時には周りにいるメンバーが必ず助けてくれるので安心して仕事ができます。私も採用の仕事は全くの未経験からのスタートでしたが、社長と一緒に求人の内容を考えながら経験を増やしていきました。
採用担当の立場で言うとしたら、目先の利益よりも本質を見極めることを重視している会社なので、スキルよりもマインドを共有できるかどうかを大切にしています。

自分を商材にして、
どこでも誰とでも仕事ができるようになりたい!

河住さんの夢を教えてください。

将来的には、場所に捉われず、自分という商材だけでどんな人とでも仕事ができるようになりたいと考えています。そのためにもPlan Cでさらに経験を積み、自分だからこそできる仕事を増やしていきたいです。

入社を考えている人へ
メッセージをお願いします。

今、何かを変えたいと思っている方、自分の人生をもっとプラスにしていきたいと思っている方、ぜひ勇気を持って飛び込んできてください!
飛び込んだ先には、小さくても助け合えるコミュニティがあります。私たちと一緒に、Plan Cでレベルアップしていきましょう。

河住 真梨菜

Other Interview

その他のインタビューを見る
株式会社Plan C
株式会社Plan C