株式会社Plan C

Interview

社員インタビュー
松村 良平
不動産ディレクター
松村 良平
RYOHEI MATSUMURA
2019年7月入社

投資家になる夢を抱いて入社した、
ディレクター・松村から見たPlan C

入社3ヶ月目の新人ディレクター、松村さん。リーシング業務を中心に全体のディレクションを担当しています。
デザイナーズ物件が好きでPlan Cの門を叩いたという彼の夢は、投資家になること。Plan Cという会社は松村さんにとってどんな場所となるのでしょう?
インタビューしてみました!

良い意味で不動産屋っぽくない!
成果物より過程を重視するコミュニティ

入社の決め手は

Plan Cに入社する前は不動産投資に関する仕事をしていました。以前からデザイナーズのお洒落な物件が好きだったのですが、前職では扱う機会が少なくて。
やはり、自分の好きな物件にもっとたくさん携わりたいという気持ちが大きくなり、転職を決意。デザイナーズを専門で扱うPlan Cに出会いました。

入社してみての感想は?

良い意味で不動産屋っぽくないので驚きました。自分の人生全体のこと、夢を実現するまでの道のりを代表も一緒に考えてくれたり、メンバーみんなで目標達成に向けて前進しているんです。
不動産業界はトップダウンの縦社会、成果物重視が当たり前だと思っていましたが、ここは過程やマインドを重視するコミュニティでした。みんな責任感があり、それぞれの仕事に誇りを持ってやっています。

松村 良平

どんな風に進んでいくかは
自分次第。やり方も、時間管理も
個々に委ねられている

Plan Cという会社を
松村さんの言葉で紹介してください。

自分次第で、どんな自分にでもなれる会社。
最低限のマニュアルはありますが、ゴールに向かってどんな風に進んでいくかは個々に委ねられていますから。
自分でタイムマネジメントができるところも、僕は気に入っています。
会社なのに上下関係がなく、決断スピードが速いところも魅力で、ジャストアイデアがすぐに現実になっていくのも楽しいです。

PlanCに向いているのはどんな人?

様々なキャリアの方が働いているので、不動産未経験の方でも安心して仕事が始められると思います。
投資家の方と接する機会もあり、普段出会えないような人と話をして成長したいと思っている方にもおすすめ。
ここにいるだけで、色々な人の考え方や生き方に触れることができ、マインドセットの参考になると思います。

夢は投資家になること。
Plan Cで出会う成功者たちから学びたい。

松村さんの夢を教えてください。

投資家になることです。Plan Cは母体が不動産投資家なので、ここにいる間に成功者たちから学び、自分のものにしていきたいと思っています。まだ入社して3ヶ月しか経っていないので、覚えることはたくさんあります。

入社を考えている人へ
メッセージをお願いします。

ここは挑戦ができる職場です。今は「こうなりたい」というビジョンがなかったとしても、Plan Cの業務を通してきっと見つけることができるはずです。
みんな、良いものを作ろうという思いを持って取り組んでいますし、そういう思いをしっかりと感じ取ることができる場所だと思うので、お互いに良い刺激を与え合いながら成長していきましょう。

松村 良平

Other Interview

その他のインタビューを見る
株式会社Plan C
株式会社Plan C